これで採用率アップ!?バイトの志望動機の答え方

志望動機は正直に答える

どのバイトであっても履歴書や面接の時にも必ず伝えることになるのが志望動機ですよね。採用する側からすれば、なぜここを選んで応募してきたのか、どういった理由で働きたいのかを知りたいのは当然のことです。もちろん採用の可否にも影響しますから、しっかりと考えた上で記述したり答える必要があります。ただし嘘を言うのはあまり感心できることでなく、正直に答えた方がむしろ相手に好印象となることも多いので留意しておきましょう。

なぜ働きたいのかと聞かれた場合の答え方

志望動機について面接でよく聞かれる質問が、なぜバイトをして働こうと思ったのかという質問です。ここで有りがちな回答としては社会勉強のため、という答えがありますが、これはあまりお勧め出来ない回答例です。なぜなら具体的に働かなければならない理由としては弱いためです。むしろ生活費のためといった切実な理由の方が面接相手には好印象です。社会勉強のためと考えている場合は、バイトの職種によっては実務経験を積むためや、資格取得のためと置き換えた方がより良い印象を与えることができますよ。

なぜここを選んだのかと聞かれた場合の答え方

バイトの面接では、志望動機として働く理由に加えて、なぜこの店舗を選んだのかという質問が職種によってはよくあります。特に競合店が多いコンビニや飲食関係といったバイトはよく聞かれる代表格です。現実的な理由としては家から近いから、あるいは求人条件が他より良かったからといった理由が挙げられます。しかしそれだと理由としては弱いので、「以前にこちらの店舗を利用した時に、丁寧な接客に感心して自分も接客技術を身に付けたいと考えたました」といった具体的な理由付けをすると、よりバイトでの採用率がアップするでしょう。

販売の求人募集では、販売士の資格を所有していると即戦力として働けますが、未経験でも教育体制があり働けます。