きょうだい介護に直面したら?福祉サービスの積極利用を

進む障害者の高齢化!

高齢の障害者が増えて、きょうだいが介護問題に直面しているんですよね。世話をしてきた親はさらに老いていて、それぞれを助けていかなければならなくなるからなんですね。習慣の違いや障害に戸惑い、不安になる人も多いでしょう。専門家は、事前に親と話し合ったり、福祉サービスを積極的に使ったりするなどの準備が必要だと指摘しているんですよね。母親が転んで介護が必要になり、ダウン症の兄の介護も続けて、心身ともにボロボロになった人もいるんですよ。

福祉施設を利用する!

周囲の説得で母を有料老人ホームに、兄を福祉施設に入所させた介護者は、「制度はあっても気持ちのハードルが高かった」と振り返るものなんですよね。障害者は外出時の付き添いやグループホームへの入居など、障害の程度に応じて障害福祉サービスを利用できますよね。しかし、希望する施設に入れない場合もあり、親の世話を受け続ける人が少なくないんですよ。親も「自分の責任」というような思いから、福祉サービスを使いたがらない場合がありますね。

きょうだいが果たす役割とは?

医療の進歩などを背景に、障害者の高齢化は進んでいますよね。最後まで親が面倒を見るのは難しく、高齢期の生活を、きょうだいが託されることになりがちですね。「暴力をふるう兄と2人で残されたら、どうしたらいいか分からない」というような声もあるんですよね。きょうだいは、どのような役割を果たせばいいんでしょうか?この問いに対する専門家の答えは、「本来は健常者と同じくらいの助け合いでいいはず」と明快なんですよ。若いうちから、福祉サービスを積極的に利用するのがよいでしょう。

介護の派遣の仕事には利点があります。普通にパートとして働くことよりも時給が良いこと、期間が区切られているため、人間関係に悩まされないことなどです。