保育師免許を取得するには?教育機関で学んで楽々取得!

保育士になるために必要なこと!

保育士は国家資格であるために、国家試験を受けなければなりません。しかし、他の国家試験に比べると取得する条件が幅広く、20歳以上ですと誰でも取得することができます。教育機関を卒業しなくても取得することができるために、転職活動にも役に立つ資格ですよ。しかし、専門的な内容が多いために勉強しなければなりません。いくら制限が無いからといって独学で取得することができるほど簡単ではないために注意しなければなりません。

短大や専門学校で知識を増やす!

保育師になるための知識はやはり、短大や専門学校で増やしたほうがよいでしょう。二年という短期間で、勉強することができるのですが、普通の四年制大学とは違って一年次二年次ともに専門的な内容しか勉強しませんよ。また、実際に保育園や幼稚園に行くことによって実習を行う生徒も存在します。これは、強制ではなく希望者だけが参加することができるために、本気で保育士を目指しているのであれば参加して損なく、働く前のモチベーション向上にもなりますよ。

短大は卒業するだけで保育士免許を取得!?

短大では、様々な支援を行っています。まずは、卒業するだけで保育士免許を取得することができるといったものです。これは、学校が指定した期間の実習をこなすことによって行えるのですが、非常に便利な支援ですよね。厳密に言うと、国家試験を免除することができる支援であり、保育士を目指している人にとっては是非利用しておきたい支援です。しかし、そのためには短大に通う必要があるために、時間がある人しか利用することができませんよね。

保育園での求人では、保育士の資格が必要なのはもちろんですが、ピアノが弾けるかどうかも採用の基準になっています。